調合してくれます。

先日皮膚科に行った時に
先生からあるリストをみせてもらいました。
そこには皮膚科で扱われる薬が票でみれるようにしてありました。
この薬の中から先生がベストな状態にするために
最適な薬はどれかということを選ぶわけですが、
時にはある薬とある薬をまぜて、
一つの薬を作るということもあるようですね。
その配合が先生の診察によって薬剤師に渡され調合されることになるようです。
自分の肌にあったものに適切な薬を調合してくださるのですから、
これほどありがたいことはありませんし、
世界でたった一つの薬になるのですから、
すごいなと思います。
しかし、それと同時に
この薬が切れるとまた処方箋を書いてもらわなければならず、
なかなか面倒と言いますか、
市販で買うのとは違う面もありますね。
この手続きの煩雑さが薬を使うのを
大切にしたり、
自分オ肌の状態を細かにチャックすることにも繋がりますので、
ココが一番皮膚科に行くポイントではないかなと思います。

皮膚科にいくということ。

これは私の主観的な考え方かもしれませんが、
皮膚科の病院に行かれたことがある人ならよくわかると思います。
それは扉を開けた時に
何か病院臭くないというか、
おそらくこれは、生きる死ぬの問題ではないので
それほど病院に対して抵抗がないのかもしれません。
特に、ニキビなどは火傷やケロイド状態の人たちが
いって治療を受けるのとは違って、
今すぐにどうこうしなければいけないという問題でもないので、
余計にかるくいきやすいというのもあるかもしれません。
でも、にニキビに対して深刻になっているひとにとっては、
なかなかやっぱり大変な問題だと思います。
その皮膚科でできるニキビケアについてですが
ここで沢山調べなければいけないのかと思いつつも、
やっぱりその前に気軽に行けるということが
とても大切ではないかと思いますよ。
だからここで少しでも皮膚科にいこうという気持ちが高まってくれれば
いいかなと思います。ニキビケアという意識を持つよりも
まず皮膚科に行きやすいという気持ちを持って欲しいなと思います。

共通すること。

いろいろな皮膚科を散策する.

たしかにお金はかかりますよ.確かに、
でも本当に地域でも

いろいろな皮膚科があると思いましたが、
そんなことに感心する場合ではありませんね.
要は自分にとって一番いいところはどこなんかを調べなければいけませんものね
それと今までいろいろ病院をまわってきてわかったことあったんですが、
ニキビケアとは関係ないことと知りませんが、
実はぎょうれつのある病院である特徴があることに気づいたのです.
それは何かといいますと、

流行っているのかというのは、子供が沢山いるというとです.

子供のことをしっかりとせわしくれるからだと。

親が見てもらってあいだに、子供が遊ぶところがあるとかそういう意味でありません。

思うに子供というのは皮膚の発達がとても早いです。

という事病気の時すごく広がってしまうものが多いように思います.

ですので先生方もそういうのに対応するだけに必死にならなければいけません.

その辺りを年寄りの扱いではだめなんです。

それを考えると子供の多い病院というのは一つの判断基準になります。

患者に、子どもにやさしいということで、

一生懸命見てくれるからこそ、お母さんも連れて行った安心するのでしょう。

比較すると見えてきたもの。

新しい病院でだされた処方せんが

A という処方箋としまして、

そして違うところの病院で出された処方せんをBとしましょう.

それらについて薬局で聞いてみました.

どちらがいいのかということでしたし、

どちらが良いというのはもちろん、

どちらもいいといいますし、

どちらがよくないですかときくと、

どちらも決して悪くないと言う答えでした.

ある意味期待してた通りの答えだというわけです.

当たり前なのですが.
そこで、質問をかえてみて、「

どういった時に、これらの薬を使うのですか」と聞いてみると

「炎症が起こっているときにはこの方が良いですよ」とか.

「全体的に毎日使うとなると、この方が良いですよ」ということがわかりました.

あとはこの薬がその先生の将来的な私の治療方法の方針ですから、何となくわかってくるわけです。

つまり、今何としてもニキビを治したいと思ってる先生はこの商品を出すでしょうし、

将来的に確実に治していきたいと思ってる先生は、

こちらの商品を出すんだってことがわかってきたんですよ。

ということは
今なのか未来なのか?

そういうようなものの見方があるんだという事も

ニキビケア商品を見て分かってきたんですよ.

先生ってすごいね。

皮膚科についていろいろ調べてみました.

ホームページをご覧になっていただいたらわかるのですが、

最近の皮膚科というのは本当に綺麗なところが多いと思いませんか.
おしゃれなところ=何だか肌も清潔に保てるみたな感じがします.

私が勝手に思っているイメージとしては

どちらかというと

古い病院は本当に古くて、

お医者さんもとしよりばかり見たいな感じだったんですか

最近は本当に斬新で、

若いお医者さんが沢山いてるんですね。

びっくりしました.
どちらかというと日本の場合は病気になっている場合、

あまり良い状態ではないと思いませんか.

でも熱心に見ておられる先生はほんとにすごいなと思います.

ニキビは確かに、青春ニキビであろうと大人ニキビであろうと

先生にとっては、

それほ差異はないと思うのです.

むしろ簡単に、結論を出すような先生もいてますよ.

それが普通だと思います.

しかし、顕微鏡で調べたり、

明らかに大人ニキビだとわかっていても、青春ニキビかどうかを

チェックする先生は逆にぐっときますよね.

そういう時というのは、

やっぱり出す薬も信用がおけるっていうか

私はそういうふうに感じました.

皮膚科次第で全然変わってくるものだなあと思ったのです.

皮膚科から追求。

皮膚科でできるニキビケアについてですが、

ちょっとここで面白いことを考えました。

皮膚科でできるニキビケアということですが、

よくよく考えてみると

すべてがすべて皮膚科で出されるものが同じというわけではありませんね.

皮膚科の先生によったら違った薬を出し来るかもしれませんし、

正しいものかも間違っているものかも分かりませんし、

その地元で評判の皮膚科かもしれませんし、

もしかしたら、悪名高い皮膚科かもしれません。

とりあえず、

いろいろな皮膚科にいってもらったものがニキビケアになるのか.
そういったところも見ていくと面白いかなと思ったりしました.

どうしてもこういうときというのはニキビケア商品や薬によって違ってくるのではないかと検討しがちなんですが、

皮膚科自体をもっと突き詰めて考えていくと面白いんではないかと思ったんです.

はやっているからといって必ずしも良いとは限りませんものね.

皮膚科の研究。これがニキビケア対策?楽しそうだと思いませんか。

だからなにか秘策がある?

でもやっぱりつくづくこのニキビができてから

病院に通っていてわかることがありました.

皮膚科の先生というのは、大変なんだなと思いました。

ニキビなんて正直、家で清潔に石鹸で洗ってさえいれば、そうそう簡単になるものでありません、と考えています。

あくまで私見。

またニキビができたくらいで、病院に来る人はそうはいないでしょうよ、普通は。

これがむずかしいところだと思います。なぜ以降と考えたのか。

私がふと思ったのは、

皮膚科の先生の中でもニキビに悩まされたこともあるのではないかということです.

自分を診察するとき、どんな治療を行えば有効だったかということを

先生はどう判断するのでしょう?.

そしてまた社会人になれば、ストレスなどが出てきてにきびが生まれやすくなってしまいます

そういった時にも効くのかどうか、先生の昔やったやり方で。

なんだか、こう考えてること自体がいやらしい自分のように感じますが、

素朴な疑問として、ふと感じたのです.

先生だったらどうやって治療するのかな?
私たちと同じようなことして解決するのかなと.

当たり前なのですが、

なんかそんなことを思いました。

もしかしたら薬も私とは違うのかなとか.

患者さんに出すと副作用があるので、

どうしても慎重になってしまうところ、

自分だったら自分のことがわかってるので、思い切った薬を出すことができるなんて考えていないのかなど。

皮膚科の先生がニキビ面なら誰も来ないでしょ?だからなにか秘策がある?

 

 

言葉でかわる?

ニキビができましたので、

これをできるだけなおしてくださいと言うと、

先生はそれに対して、

診察をおこない処方せんを出してくれます

そこで考えたのですか.

ある病院では、今できているニキビを治してくださいと言ったのと、

もう一つの病院では、ニキビ跡をなおしてくださいといいました.
ニキビができてしまったとのを綺麗にするのと、

今にできているニキビを綺麗さっぱりするのとでは、全く用途が違うと思います.

その時にお医者さんはどういう判断をするのか.

これを自分ではチェックしています.

汚くなってしまったニキビの跡を綺麗にするためには、今できているにきびは邪魔です.

逆に今できているニキビを綺麗にしようと思うと、前までできてたニキビ跡は邪魔になるはずです.

それを先生がたはどのように処理するのか

ということは非常面白いと思います.

本来ならばいろいろな先生に伺って沢山の結論を出してもらうものと思うのですが、

ある先生はよくても、ある先生はたいしたことはないということがよくわかります.

まぁそれはいいとして皮膚科でもらうニキビケアというのは、

患者の一言すべて変わってしまうんじゃないかということです.

今のニキビを綺麗にして欲しいというか、

ニキビ全体を綺麗にして欲しいというのか.

普段できるニキビは仕方がないので、何とか抑える方法はないのかなど

皆さんがそれぞれ言葉によって変わってくるの気をつけたいものですよね.

勝手にきめられては困りますから。

皮膚科で考えること

いつも通りの通っている皮膚科にいってきました.

皮膚科には沢山の人が通っています.

つまり私が行ったときに、そこに座ってる(待っている)人たちがすべて呼ばれた後に、当然私が呼ばれるわけですが、

その間前に掲げてあるポスターを見ていました.

そこにはニキビ治療にはこのような方法がありますよといった感じで、芸能人の顔が映っていました.
ニキビを病院で治そうというコンセプトのもとに、ポスターが作成されているのだと思いますが、

やっぱりこれを見るとどこかしらうがった考え方があるというか、

もしくは客観的に見れないというか、

斜めに見てしまうところがありました.

もしこんなに綺麗になるのだったら、

皮膚科に殺到するのではないかとか

通院していても、なかなか治らないとか、いろいろ出てくるわけです.

にわかに信じることはできませんが、今私は病院のところに座っているわけですし、

少なからず信じているからこそ、ココにきているわけですものね.

なかなか治らない人は本当にショックです.

自分の番が呼ばれるまで配達とそのことばかり考えていました.

すぐれた皮膚科に行けば治るのだろうか.

ここを続けていても治るのだろうか.

など、いろいろ頭の中に思い浮かんでしまいました。

にきびってやっぱり顔にできるものだから、すごく気にしてしまうんでしょうね.

誰も簡単になりますし、めずらしくもないので、ありきたりですが、無いに越した事はないのです。

と皮膚科で考えてしまいました。

選択肢のおおさがかえって。

病院に行けば、いろいろな治療方法があるということを説明してきました.

たしかにニキビケアとしていろいろな方法がありますので、

たのもしいと思いますし、一体どれが一番治療として当てはまるかなど専門医に見てもらうよくわかると思います.

しかし、私は逆に、とても不安に感じてしまうことがありました.
と言いますのも、これだけ治療法があるということは皮膚科をたらいまわしにされる可能性があるのかなと思ったのです.

こう考える方が非常にストレスになってしまって、かえって余計に肌には良くないのかなと思ったりします.

考えすぎなのかもしれませんが、病院でできるニキビケアとして、

私はブログを立ち上げているわけで、

病院でできるニキビケアが出てきた場合、

つまり自分がどれも当てはまらないとか、解決できるのかという不安もかえって生まれてきました.

選択肢が多ければ多いほど治らないからこそ違う選択していくというではないかなと思ったからです.

難しく考えすぎかもしれませんし、

マイナス思考かもしれませんが、

私の行っていることも一理あると思いませんか?

そう考えると不安でたまらなくなってしまうのも事実です.

ニキビができている人にとってはすぐに解決して欲しいと思うが、なかなか解決してくれないというなかば諦めみたいなひともいるはずです.

だって私もそのうちの1人なのですから.綺麗になる方法がケアそのものよりもダンゼン一番いいんですけどね.うまくいきません。