調合してくれます。

先日皮膚科に行った時に
先生からあるリストをみせてもらいました。
そこには皮膚科で扱われる薬が票でみれるようにしてありました。
この薬の中から先生がベストな状態にするために
最適な薬はどれかということを選ぶわけですが、
時にはある薬とある薬をまぜて、
一つの薬を作るということもあるようですね。
その配合が先生の診察によって薬剤師に渡され調合されることになるようです。
自分の肌にあったものに適切な薬を調合してくださるのですから、
これほどありがたいことはありませんし、
世界でたった一つの薬になるのですから、
すごいなと思います。
しかし、それと同時に
この薬が切れるとまた処方箋を書いてもらわなければならず、
なかなか面倒と言いますか、
市販で買うのとは違う面もありますね。
この手続きの煩雑さが薬を使うのを
大切にしたり、
自分オ肌の状態を細かにチャックすることにも繋がりますので、
ココが一番皮膚科に行くポイントではないかなと思います。

皮膚科にいくということ。

これは私の主観的な考え方かもしれませんが、
皮膚科の病院に行かれたことがある人ならよくわかると思います。
それは扉を開けた時に
何か病院臭くないというか、
おそらくこれは、生きる死ぬの問題ではないので
それほど病院に対して抵抗がないのかもしれません。
特に、ニキビなどは火傷やケロイド状態の人たちが
いって治療を受けるのとは違って、
今すぐにどうこうしなければいけないという問題でもないので、
余計にかるくいきやすいというのもあるかもしれません。
でも、にニキビに対して深刻になっているひとにとっては、
なかなかやっぱり大変な問題だと思います。
その皮膚科でできるニキビケアについてですが
ここで沢山調べなければいけないのかと思いつつも、
やっぱりその前に気軽に行けるということが
とても大切ではないかと思いますよ。
だからここで少しでも皮膚科にいこうという気持ちが高まってくれれば
いいかなと思います。ニキビケアという意識を持つよりも
まず皮膚科に行きやすいという気持ちを持って欲しいなと思います。