言葉でかわる?

ニキビができましたので、

これをできるだけなおしてくださいと言うと、

先生はそれに対して、

診察をおこない処方せんを出してくれます

そこで考えたのですか.

ある病院では、今できているニキビを治してくださいと言ったのと、

もう一つの病院では、ニキビ跡をなおしてくださいといいました.
ニキビができてしまったとのを綺麗にするのと、

今にできているニキビを綺麗さっぱりするのとでは、全く用途が違うと思います.

その時にお医者さんはどういう判断をするのか.

これを自分ではチェックしています.

汚くなってしまったニキビの跡を綺麗にするためには、今できているにきびは邪魔です.

逆に今できているニキビを綺麗にしようと思うと、前までできてたニキビ跡は邪魔になるはずです.

それを先生がたはどのように処理するのか

ということは非常面白いと思います.

本来ならばいろいろな先生に伺って沢山の結論を出してもらうものと思うのですが、

ある先生はよくても、ある先生はたいしたことはないということがよくわかります.

まぁそれはいいとして皮膚科でもらうニキビケアというのは、

患者の一言すべて変わってしまうんじゃないかということです.

今のニキビを綺麗にして欲しいというか、

ニキビ全体を綺麗にして欲しいというのか.

普段できるニキビは仕方がないので、何とか抑える方法はないのかなど

皆さんがそれぞれ言葉によって変わってくるの気をつけたいものですよね.

勝手にきめられては困りますから。